読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO LIFEHACK, NO LIFE.

三十路サラリーマンが日常で必要だと思う情報を調べてアウトプットするブログ

読書感想。ノマドライフを読んで、自由に生きたいと思った

読書について

 お世話になります。

リーマンたくです。

 

好きな場所に住んで自由に働くことは、誰にとっても憧れなのではないでしょうか?そんな生活をノマドライフと言います。

 

 ノマドライフを実際に行っている本田直之さんが書かれたノマドライフについて書いていきます。

 

 ノマドライフとは?

 ノマドライフとは、「場所にとらわれた働き方をしない」だけのことではないと本書には書かれています。本田さんが言うノマドライフとは、「仕事と遊びの垣根のない。世界中どこでも収入を得られるノマドビジネスを構築し、2か所以上を移動しながら、快適な場所で生活と仕事をすることで、クリエイティビティや効率性、思考の柔軟性が向上し、それがいいスパイラルになるライフスタイル」です。

 理想な生活だなと僕は思います。

 

なぜノマドライフなのか?

 なぜかというと、もの、場所、お金、時間から自由になりたいからです。現在は、ものが最優先の時代ではなくなっているような気がします。しかも、いい企業に入れたからと言って、今後、安定的に働けるか?というとそれは、絶対大丈夫とは言えない時代になっています。そう言った時、何に依存して生きているのか?ものや見栄のためだけに色々犠牲にしていくのか?何にも依存して自由にいくるのがもしかしたら本当の幸せなのかもしれません。それを実現するためにノマドライフが推薦されています。

 

 ここで、一つびっくりしたのは、昇進も断ることで、自由になると書かれています。昇進することで、給料は増えるかもしれませんが、それ以上に、責任なども増えます。そして、使うお金も多くなっていくのが現状みたいです。ですから、昇進しないという選択も考える必要があります。

 

 ノマドライフの形は様々で、会社員であってもその生活を送ることができます。もちろん、色々な拠点を持って仕事や生活をすることはできませんが、会社員なりのノマドライフについても述べられていました。

 

 しかし、明日からノマドライフができるわけではない、段階を踏んで行かないといけないとも述べられています。

ノマドライフの実践 ワークとテクノロジー

 ここで、一番印象に残ったのは、仕事は1つに縛らないことです。1つの仕事にこだわらず、種を色々と蒔いておくことです。そうすれば、どの仕事かが育ってきます。会社員としての「本業」だけでなく、他にも何か収入源となるものを模索しておくことが大切です。本業がなくなった時も生活することができるからです。

ノマドライフを実現するための仕事のトレーニング

・週1回会社に行かない日を作る

・机の引き出しをからにする

・ガラケーを使わない

・デスクトップPCはいらない

 

ノマドライフ実践 お金と生活

 お金があってもノマドライフは実現しません。ビジネスで結果を出す人ほど、本当はできるのに、時間や場所、精神的に縛られています。実際にそう言った方は多いみたいです。

 ノマド生活の一歩として、入ってくるお金は高いところ、生活するところは、物価の安い地方、これだけで同じ収入でも、生活が全く違う結果となります。

ノマドライフを実現するためのお金のトレーニング

・家計簿で投資を意識する

・半分の生活費で暮らす

・自分税を天引きする

・クレジットカードを徹底活用

 

ノマドライフを実現するための暮らしのトレーニング

・所有物を半分にする

・引っ越す

・絶えず移動する

 

ノマドライフを実現するための時間のトレーニング

・定時に仕事を終わらせる

・クリエイティブでないことを排除する

・定期的な拘束を排除する

 

ノマドライフの実践 思考のトレーニング

 ここでは、減らすことで自由が増すことや、様々な文化を取り入れる、シンプルに考える、効率化する、自己責任思考を持つことについて書かれています。

ノマドライフを実現するための思考のトレーニング

・いつもと違うことをやってみる

・室内から屋外へ、夜から朝へ

・ひとまわり以上違う世代と付き合う

・言葉以外の共通言語を持つ

・モチベーションを上げ下げしない

 

まとめ

 自由に生きたい!そんな気持ちがある方は、ぜひこの本を読んでみてください。この通り全部を実践できないかもしれませんが、今後の生活していく上で、必要なこともあると思います。

 

出産祝いでもらったものランキング

ものについて

お世話になります。

 

リーマンたくです。

 

先日、第一子が我が家族に加わりました。

 

 

lifehackhack.hatenadiary.jp

 ありがたいことに、色々出産祝いを頂きました。

 

今日は、出産祝いでもらったものの数が多いランキングをご紹介します。

f:id:netkajino:20170307211238g:plain

 

続きを読む

残業をしてはいけない月は4月〜6月!!

節約について

お世話になります。

 

リーマンたくです。

 

今日は残業禁止の月について。

 

なぜ、残業禁止なのか?

なぜなら、健康保険・厚生年金の保険料がその月で決定するからです。

 

その月とは?

4月〜6月の給料で決定します。

 

4月〜6月の給料を平均し、算出されるらしいのですが、

もちろん、その月の給料が高いと健康保険、厚生年金の金額があがるからです。

 

極端に言うと、4月〜6月がめちゃくちゃ忙しく給料平均が50万円だとします。

そして夏から冬にかけては凄く暇になり、月に20万平均になったとします。

それでも、50万円給料をもらったとしての保険料、年金がとられるわけです。

 

サラリーマンの場合その月だけ給料があがるとしたら、残業代が大半だと思います。

なので、残業禁止なのです。

 

f:id:netkajino:20140325201547g:plain

 

4月〜6月はなるべく給料を抑えた方がいいです。=残業手当を抑えた方がいいです。

歩合の場合は仕方ないですが。。。(保険料や年金のために成績を落とす訳にはいかないですよねwww)

 

残業禁止月とは極端な話ですが、

4月〜6月の給料で、来年の保険料や年金が上がるという事を頭の片隅にでもおいておいて欲しいです。忙しいからそんなの関係ないと言われるかもしれませんが。。。

 

しかし、調整できる方は、この月は調整してみてください。

それで、節約につながると思います。

 

海外旅行へ行くときに入れておくと便利なアプリ5選!

旅行について

お世話になります。

 

リーマンたくです。

 

今回は海外旅行をいく前にいれておくべきアプリをご紹介。

 

GWにバリに行ったのですが、入れておいて便利だった

アプリをまとめてみました。

 

 

trippiece

 

 

Facebookログインの実名参加で安心して参加出来きます。

旅行のSNS

 

Expedia

 

 

海外ホテル、国内ホテル、予約の世界最大オンラインサイト

航空券もとれます。そして、どこかの旅行会社より高ければ、その差額は支払われるらしいです。一番安く予約できるサイトです。そのアプリは入れておくべきでしょ!!

 

tripadvisor(トリップアドバイザー)

 

 

世界のホテル、レストラン、観光スポットなどの口コミ、ランキングを表示。

これをみて、いきたいとこ探してます。本音が聞けるのでとても参考になってます。

 

なんでもこれで検索して、レビューなど見て、行き先を決めていました。

 

Google翻訳

 

Google 翻訳

Google 翻訳

  • Google, Inc.
  • 辞書/辞典/その他
  • 無料

 

ジャパニーズオンリーな僕には必須のアプリ。

 

なんて素晴らしい機能!

 

Currency

 

Currency

Currency

  • Jeffrey Grossman
  • 旅行
  • 無料

 

通貨の両替にはこれがもってこい!

だまされないようにこれで確認しましょう。

 

 

僕はとりあえずこんな感じのアプリを入れました。

 

みなさんのおすすめなどあれば教えて欲しいです。

美容室でのカラーの原価はいくらか??

美容について

 

お世話になります。

 

リーマンたくです。

 

今日は美容師だった僕が語るヘアカラーの話。

 

みなさんはヘアカラーいくら払っていますか??

 

カットカラーで8000円とか10000円とかじゃないでしょうか?

 

原価はいくらか知りたくないですか??

 

今日はカラーの原価を暴露します!!

 

f:id:netkajino:20140317211835j:plain

 

続きを読む

宗教とは?沈黙を読んで、宗教観を考えてみた

読書について

お世話になります。

 

リーマンたくです。

 

最近、映画になりました、遠藤周作の「沈黙」を読んだ感想です。

この小説は、江戸時代のキリスタン弾圧の話です。

沈黙』(ちんもく)は、遠藤周作が17世紀の日本の史実・歴史文書に基づいて創作した歴史小説1966年に書き下ろされ、新潮社から出版された。江戸時代初期のキリシタン弾圧の渦中に置かれたポルトガル人の司祭を通じて、神と信仰の意義を命題に描いた。第2回谷崎潤一郎賞受賞作。この小説で遠藤が到達した「弱者の神」「同伴者イエス」という考えは、その後の『死海のほとり』『』『深い河』といった小説で繰り返し描かれる主題となった。世界中で13カ国語に翻訳され、グレアム・グリーンをして「遠藤は20世紀のキリスト教文学で最も重要な作家である」と言わしめたのを始め、戦後日本文学の代表作として高く評価される。 

 

f:id:netkajino:20151110200538j:plain

 

この小説を読んで、宗教について少し考えてみました。

続きを読む