読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO LIFEHACK, NO LIFE.

三十路サラリーマンが日常で必要だと思う情報を調べてアウトプットするブログ

オンラインカジノ:具体的にオンラインカジノがどんなものなのかをご紹介します!

遊びについて

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 IT技術ブログ ライフハックへ
にほんブログ村

こんばんわ。

今回は「オンラインカジノ」についてのお話です。

 

 みなさんは「オンラインカジノ」はご存知ですか??

文字通り、カジノがオンラインで出来るんです。

具体的にどんなものなのかをご紹介します。  

 

f:id:netkajino:20140201141247p:plain

 

オンラインカジノとは??

オンラインカジノは1996年から誕生しており、今ではヨーロッパ市場を拠点に世界的にメジャーなエンターテインメント産業の地位を獲得しています。

運営にも政府の許可証が必要です。

ルーレット、バカラブラックジャック、ビデオポーカーやスロットゲームなどの定番カジノゲームなど、ゲームの種類が豊富で、結構遊べます。

カジノだけではなく、対戦型のポーカーゲームや麻雀、スポーツの結果に対して賭けるブックメーカーもあります。

日本ではあまり一般的ではなかったですが、最近、日本語対応のサイトを提供するオンラインカジノが出てきたことよりプレイヤーが徐々に増加しています。

 

オンラインカジノの合法性

日本では法律で「賭博罪」が制定されています。

刑法第185条によると、賭博をした者は「50万円以下の罰金又は科料に処せられる」とのこと。

しかし、賭博罪の成立には、当事者双方が損をする可能性がある場合に限ります。

日本での「賭博」は胴元とプレーヤーが両方とも日本国内に要る場合に限り賭博罪として成立するものです。

オンラインカジノは、サイト自体は海外で運営されているため法律に関してはその運営元の相手国の法律に従います。こちらの国内法は通用しません。

なのでオンラインカジノを運営することを法律でOKとしている国で運営されているオンラインカジノで遊ぶことは違法ではありません。

みなさんの中には、ラスベガスやマカオなどでカジノをやって罰せられた人はいないはずです。

わざわざカジノをするために旅行に行かれる方も多くいるはずです。

つまりはそれと同じことです。


ですが、現状日本でオンラインカジノを遊ぶことは違法ではありませんが決して合法かというと疑問です。

現行の日本の法律ではオンラインカジノで遊んだ、という行為を罰する法律がありません。


だからオンラインカジノで遊んでも何もなし、ただそれだけです。


今後もしかしたら、法改正によりオンラインカジノが国内では完全に禁止になるかもしれませんし逆にオンラインカジノがきちんと合法と認められるかもしれません。

それはどうなるかはわからない状態ですね。

今はその中間点、白でも黒でもない「グレー」な状態なので今後の法律の動向に注意すると共に自分のことは自分で管理する「自己責任」の意識を持つことが大切ですね。

 

オンラインカジノの安全性

オンラインカジノは、インターネット上でお金をやり取りするということで、安全性に関して不安に思う方もおられるかもしれません。

しかしオンラインカジノは、オンラインカジノの運営が認められている国が正式に発行しているライセンスが無いと運営することが出来ません。

さらにゲームの公平性についても外部調査機関(第三者機関)がサービスの様子を常に監視しています。

ですから安全性は問題ないです。

ただ、オンラインカジノも何百とあります。

 

やはり、安全性を重視するには、運営が長いサイトが信頼性がもてます。

 

オンラインカジノの構造

オンラインカジノを提供している会社は、まずオンラインカジノを運営してもよいという政府発行の正式なライセンスを取得しないといけません。

ライセンスを取得したオンラインカジノ運営会社は、運営用のゲームソフトウェアやその他データをライセンスを保持する国に所在するサーバーへ格納する必要が あります。そして、世界中のプレイヤーがそのゲームにインターネットを介してアクセスしてプレイするということになります。

次には、オンラインカジノ運営に関わっている様々な会社について説明します。
これが実はいくつもの会社が運営に関わっているのです。

まずは、カジノ運営会社がウェブサイトを作ってゲームを提供しています。
この他にも、プレイヤーに対するカスタマーサポート、得点やボーナスを提供するのも運営会社です。

この運営会社にゲームソフトウェアを提供しているのが、「ソフトウェアプロバイダー」と呼ばれるゲームメーカー会社です。マイクロゲーミング社やプレイテック社など、数多くの運営会社にソフトウェアを提供している大手会社がいくつかあります。

次に、ソフトウェアに入金/出金をする手段を提供するのが決済会社です。例えばこのサイトでも紹介しているWebanqやNETELLERという会社がそのような入出金を提供している決済会社です。

その他にもオンラインカジノがプレイヤー保護をちゃんと行っているか、ゲームは公平に行われているかを定期的に検査する監査企業などがあります。

これら各企業は大手の場合は、上場企業であったり、有名スポーツチームのスポンサーだったりします。これら企業が様々な役割を果たしてサービスを提供することによって、プレイヤーはオンラインカジノをプレイすることができるというわけです。

 

 

 

オンラインカジノはざっと上記のようなものです。

実際に僕はやってみました。その経験を次回お話したいと思います。