NO LIFEHACK, NO LIFE.

三十路サラリーマンが日常で必要だと思う情報を調べてアウトプットするブログ

貧乏な人の考え方 VS 金持ちの人の考え方を比較



お世話になります。

 

リーマンたくです。

 

今日は、お金持ちと貧乏の考え方、行動の違いをまとめてみます。

 

みなさんはどう感じますか??

 

f:id:netkajino:20140113201333j:plain

 

 

安売りで色々買う(貧乏)⇄必要な時に必要なものを買う(金持ち)

 

安いからと、使うかわからないものを買った経験はないでしょうか?

 

結局買っても使わなかったり、もったいないからと無理矢理使って、でも結局使わなくなったり、、、

 

お得に買えた!!と思っても、結局は無駄遣い。

 

お金持ちの人の考えは、必要なものは必要な時に!!

でも、必要な物にはおしまず使うという事です。

めりはりをつけた出費にすべきです。

 

安物の飲食(貧乏)⇄高級な飲食(金持ち)

これは、「安売りのものを買うな」とかではなく、添加物満々の安いファーストフードなどを食べたり飲んだりしないと言う事です。

 

将来の健康のためです。

健康でないと、仕事もきちんとできないですしね。

 

運任せ(貧乏)⇄行動する(金持ち)

宝くじが当たれば、、、ギャブルで大儲けと考えてる人はたいてい貧乏です。

運任せの人は仕事でも人任せの人が多いのです。

どうすれば出世できる?とか考えず流されて生きてる方が多いです。

 

一方金持ちの人は、常に今ある問題を解決しようと考え行動しています。

 

「社長になって儲けてやる」と言ってる人はたくさんいますが、それを実際に行動にうつしている方はどれくらいいるでしょうか?

 

結局、貧乏の人は人任せの傾向が見えます。

 

今まで通り、みんなと同じ(貧乏)⇄先の事、新しい事を考える(金持ち)

よく言われるのが「昔からこのやり方だから」といって、新しいやり方に改善しない人が多々います。会社での中でもよくあるのではないでしょうか?

 

時代は常に進み、どんどん新しい事が増えています。それに柔軟に対応出来ないと、金持ちにはなれません。今のままなんて絶対だめです。逆に新しい事を考えたら勝ちです。

 

◆健康に気を使わない(貧乏)⇄健康に気を使う(金持ち)

大抵の金持ちの人は健康に気を使っています。しかも健康マニアというくらいです。

そして、健康のために週4以上運動している方も多いです。

 

健康になって仕事の能率を上げれば給料も上がるし、病気になっては仕事もできないですしね。。。金があっても長生きできなければ意味なし!!

 

したくない仕事をする(貧乏)⇄好きな事をする(金持ち)

したくない仕事を続けていても能率はあがりませんし、やらされている仕事なので慣れ以外はその仕事が上向きになることはありません。

 

一方金持ちの人は、一日中好きな事をしてかねを儲けてやろうかと考えています。

 

そうしたら、能率もあがりますし、やる気も断然違います。

 

今の仕事を続けるなら、そこにやりがいを見つけて、常に考え、仕事を少しでも好きになってみてはいかがでしょうか??

 

 

もっと、たくさんあるのですが、僕が共感した事項についてまとめてみました。

金、金といって汚いと思われるでしょうか?

そう思う事は貧乏ということらしいです。

 

金持ちは、金を使う事で、貧乏の人より社会貢献しています。

もちろん、税金もたくさんはらっています。

 

なので、僕も金儲けて社会貢献していきたいと思います!!!