NO LIFEHACK, NO LIFE.

三十路サラリーマンが日常で必要だと思う情報を調べてアウトプットするブログ

住んでいるアパートで悲鳴!悲鳴が聞こえ始めてから解決までの流れ!



お世話になります。

 

リーマンたくです。

 

僕は、現在賃貸のアパートに住んでいるんですが、1ヶ月前くらいから、悲鳴が度々聞こえます。

 

子供がその悲鳴で起きてしまいます。

 

「いたーい!やめてーー!」という悲鳴です。

 

家族全員が目を覚ますくらいひどい叫び声です。

 

結果からいうと解決しました。

 

その流れを今日は書いていきます。

f:id:netkajino:20170328204500p:plain

 

悲鳴の始まり

 

今年の初めくらい、夜中の3時くらいに、「きゃー!やめてー!」というかなり大きい叫び声が聞こえ、飛び起きました。

 

110番しようと思ったのですが、少ししたらおさまったのでその日は通報しませんでした。

 

悲鳴と物音

 

再び、夜中に叫び声が。しかも、ドタドタ逃げるような音が。

 

さすがに通報かと思ったのですが、また、おさまったのでやめました。

 

通報するタイミングがつかめません。

 

完全にDVだと確信。

 

容疑者もなんとなくわかってきました。

 

夕方に悲鳴

 

さらに3日後、夕方くらいに悲鳴と叫び声が。

 

やっぱり少ししたらおさまるので通報するするタイミングがつかめないので、管理会社に連絡しました。

 

管理会社からは、近隣住民に連絡とります。まだ続くようであれば警察に連絡くださいと言われました。

次の日には、警告文がポストに入っていました。

f:id:netkajino:20170328210122j:plain

迅速な対応ありがとうございます。

 

周りの部屋のうち、一軒のポストがパンパンになっていました。いるはずなのに、、、

 

軟禁?との疑いがおきました。

 

派出所に連絡

 

また悲鳴が聞こえました。

 

110番は抵抗があるので、近くの派出所に連絡しました。

 

詳しい状況を説明。結論としまして、遠慮なく110番に連絡してくださいとなりました。

110番に通報

 

20時ごろ、悲鳴があったので、110番しました。

 

「事件ですか?事故ですか?」

 

初めて。「事件です」と言いました。初体験です。

 

連絡してから10分後、パトーカー2台、警察4人が到着。

 

その時には、悲鳴がやんでいたので、携帯に連絡があり、事情聴取を玄関先で受けました。

 

「いつ頃から?どんな声?どこから?」などなど。

 

動画で音が撮れていたので、それを聞いてもらいました。

 

4時間後、再度110番に通報

 

また、悲鳴があったので、110番。

 

「また悲鳴がありました。まだしているので、早く来てください。」

 

警察が来て、下の部屋のチャイムを何回も押してました。

 

出てこないので、ノックで「警察です。大丈夫ですか?」

 

なかなか出てこない模様。

 

裏に回って窓から。

 

車の中の中までチェック。

 

1時間くらい警察がいました。

 

多分、その後出て来て対応してたみたいです。

 

110番から3日後

 

管理会社から、「悲鳴が聞こえる部屋が特定できました。対応者に注意し、退去することとなりました」との連絡ありました。

 

他の部屋(原因の部屋以外)からも苦情があったので、特定できたみたいです。

 

チームプレイですね。

 

警察からも、管理会社からも注意されたため、退去となったのではないかと思います。

 

最後に

 

初め、悲鳴を聞いたときは、殺人などおきないか?と心配になりました。

 

警察に注意を受けてからは、悲鳴はピタリとやみました。

 

引っ越し業者の方も来られていたので、引っ越しも順調?

 

夫婦ではなさそうなので、別れたのかな?と僕は思ってます。

 

今回学んだことは、110番は、何かあれば、すぐ連絡すれば良いと思いました。

 

近所の騒音問題、皆さんもあると思います。

 

そのときは遠慮なく、管理会社に連絡すべきです。

 

すぐ対応してくれると思います。

 

それでもダメなら警察へ。

 

管理会社は、住居者のデータを持っていますし、警察は、現行犯であれば、強行突入してくれますし。

 

一人で悩まず、まず相談をお勧めします。